入門編?ソフトサービスの風俗

ソフトサービスのお仕事

ヘルスやソープのように、男性の身体にガッツリ触れることに抵抗がある方には、マッサージなどのソフトサービスで徐々に慣れていくことがいいかもしれません。
ソフトサービスを提供するお店は通称エステと呼ばれ、そこのキャストはエステティシャンではなくセラピストといいます。
セラピストは通常下着・水着姿となりマッサージを行いますが、トップレスの場合も存在します。
一般のエステと大きく異なるのは性感マッサージを行う点です。
性感マッサージは名の通り、性器を含めた全身をマッサージする行為を指します。
あくまで風俗なので、男性に気持ちよくなってもらうことがサービスの目的です。
マッサージなんてやったことない!
その場合でも、お店のセラピストの方、あるいは引退された女性が、懇切丁寧に指導してくれます。
男性が講師の場合は稀であるため、安心ですね。

オナニークラブのウソ求人には気をつけて!

ソフトサービスのお仕事の一環で、オナニークラブと呼ばれる業態が存在します。
オナニークラブでは、自身が男性を興奮させる服装(下着姿など)となり、男性にオナニーをしてもらう、というサービスを提供します。
そのため、男性に触らずに働くことができるため、風俗業界では比較的楽なお仕事です。
しかし、実はオナニークラブで稼いでいる方はごく少数。
ルックスが求められるため働ける人は限られており、そればかりか求人自体が嘘であったりすることも。
求人誌などで情報を見つけ、応募してみたところ、店舗が存在せずヘルス等別の業種を紹介されるケースがあるようです。
オナニークラブ自体は存在していたが、オプションにヘルス行為が存在するということを後付けで知らされたりすることも。
おいしい求人に騙されず、風俗業界で働くと覚悟を持った上でお仕事を選びましょう。


この記事をシェアする